仮想通貨

ビットコイン先物がついにスタート!その影響は?

:2017年12月11日


日本時間の12月11日朝8時にシカゴ・オプション取引所(CBOE)でビットコイン先物が上場しました。

仮想通貨元年の2017年、
ついに先物取引までスタートしちゃいましたか。
(海外だけど)

価格もそうですけど、
予想よりも早くビットコインの普及が進んでいるように思います。

ソーシャルネットワークの社会ってすごいですね。
情報がすさまじいスピードで拡散されていってるように感じます。

ビットコイン先物が上場することにより、
今後ビットコインはどうなりそうか。
なんちゃ特徴のない個人的な予想でもしようと思います。

そもそも先物取引とは

手元の現金と引き換えにその場で取引をするのが『現物取引』。
普段の買い物とかもそうですね。
あれも言ってしまえば現物取引になります。

で、
その『現物取引』とは違う『先物取引』はその場で取引をしません。

『先物取引』とは、
「(将来の)約束した日に(事前に)約束した価格で売買する取引」を言います。

例がないとピンと来ない方もいると思うので、
例を出します。

例えば、
お米は不作豊作の年によって価格が変動します。

米

不作の年は米不足になるので価格は上昇し、
豊作の年は米の供給が多くなるので価格は下落します。

収穫され市場で現物取引できるようになるまで待った米は毎年価格が変動し、
商売の流通が上手く回らなくなります。
そこで昔の商人は田植えの段階からお米を買い付ける約束をするようにしました。

米

『今年収穫される米をこの価格で買う』という約束をするわけです。

こうすることにより、
その年の不作豊作に関わらず米の買い付け価格を予め決めておくことができるので、
商人にとっては商売の計算が立てやすくなります。

これが先物取引というやつです。

そしてこの取引を行うことによって、
将来的な米の変動価格により利益と損失が発生します。

▼不作で米の価格が上がると商人が利益を得て百姓が損をする

米

▼豊作で米の価格が下がると商人が損をし百姓が利益を得る

米

ちなみにこういうのをデリバティブ(金融派生商品)って言います。

なんとなくわかりました?
わからなかったら他の方のブログでもご参考に!笑

ビットコインの先物取引

これまで現物の買いしか出来なかったビットコインですが、
先物取引とは将来の値上げ値下げを予測して行う取引なので、
『買い』と『売り』両方ができるようになります。

しかも世界最大の先物取引所といわれるシカゴ・オプション取引所(CBOE)からスタート!
さらに先物取引所運営会社の「CMEグループ」も来週ビットコイン先物取引を上場することになるそうです。

こういう世界大手の取引所がビットコイン先物を取り扱うことにより、
政府にも監査されるので『機関投資家』が市場に参入しやすくなります。

なぜなら機関投資家は顧客の資産を預かり、
億単位の運用を行っています。

世間的にもビットコイン、はたまた仮想通貨がいかに注目を浴びてて儲かるチャンスが転がってても、
機関投資家は仮想通貨が金融商品として信任の得られるものではなかったので、
やりたくても参入できない現状でした。
(たぶんね)

が、
今回世界的にも大手の先物取引所でビットコイン先物が上場することになり、
信任のおける取引所での運用が可能になるわけです。

機関投資家が参入するということは

機関投資家が参入するということは、
これまで以上に仮想通貨市場にお金が流入することを意味します。

2017年になって加速度的に規模が拡大してきた仮想通貨市場ですが、
2018年はもっととんでもない規模になるかもしれません。

ドーンといくよ!ドーーーンと!!
(誰?)

ただ資金が入るといっても、
それがすなわちこれまでのような上昇一辺倒の流れになるかはわかりません。

先ほど申し上げたように、
先物取引は『買い』から入ることもできますし『売り』から入ることもできます。

これまでは短期的に見てもとりあえず買いで入っていれば、
ボロ儲け!
って感じでしたが、
今後も同じような感じでいけるかはわかりません。

ビットコインはどうなる?

今回先物が上場したことによりビットコインはまた一つ上のステージに抜ける道を開けたと思います。

長期的に見れば上に抜けていくでしょうが、
機関投資家が参入することにより、
価格がどう動いていくかはわかりません。

といってもつまんないので、
個人勝手な予想をするなら、
まだまだしばらくは堅調に上がると思います。

先物が上場したからといって、
いきなり機関投資家の金がじゃんじゃん入ってくる流れには今のところなっていないと思われるので…。

ただ、
来年の中ごろにはこれまで通り上昇一辺倒の流れになっているとはあまり思えません。

今年の頭頃、
そういう流れになるのはまだまだ2、3年後かな~なんて思ってましたが、
冒頭でも述べたように情報の伝達が現代はすごいです。

ビットコインが2017年内に200万円いくなんて、
夏の頃は夢にも思いませんでしたし。

いいかげん世界の流れをなめちゃいけませんわ。

-仮想通貨


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 東証・名証・福証・札証の全銘柄と取引可能!
    PTS取引、IPO銘柄、外国株も取扱可。

  • スマホアプリ充実!PC並みの豊富な投資情報が見れる。投資スタイルに合わせてカスタマイズも可。

  • 名証、福証、札証の貸借銘柄、信用銘柄の取引ができる!

お金大好きなんで投資やってます!
気が向いた時つぶやいてるお♪