仮想通貨

仮想通貨投資は今からでも間に合う!


2017年ビットコインが20倍以上の上昇を見せたことにより、
こんなこと思ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あー買っときゃよかった。

まぁ、そうなる気持ちもよくわかりますよ。

ビットコインの投資ってただ持っときゃいいだけですからね。

株と違って売買のための勉強とか分析とか一切しなくていいし、
市場動向とか経済とか面倒くさいこと一切気にしなくていいわけです。

持っとくだけで金が倍々で増えていく最強の金融商品ですわ、これ。

過ぎてしまった過去を変えることはできませんが、
ビットコインは今から参入しても数倍になる余地を秘めてると思います。

さらに他の仮想通貨においても今から投資を始めれば、
資産が数倍~数十倍になる可能性もまだまだ大いにあると思っています。

今回はビットコイン買っておけばよかったーと思ってる方に、
今からでも遅くはないよ!ってことと、
仮想通貨投資の魅力とかお伝えできればと思います。

ビットコインがまだ伸びる根拠

私がなぜビットコインがまだ伸びると思っているか。
それは以下の点において仮想通貨全体がまだまだ未成熟の段階にあると思っているからです。

  1. 普及するためのインフラが十分に整っていない。
  2. 既存の市場と比べ規模が小さい。

それぞれの点において、
どういうことかを説明します。

インフラが整っていない

仮想通貨は主に以下のような用途で利用できます。

  • 支払いや送金などの決済手段として利用
  • 取引所でのトレードなどによる投資先として利用
  • 新興企業が資金調達の手段として利用

2017年から改正資金決済法が施行されたことや、
仮想通貨取引所に金融庁の認可が下りたことなどにより、
日本でも仮想通貨のインフラが急速に整備されてきています。
が、
国内全体の規模で見れば圧倒的に利用していない企業や店、個人がまだまだ多いです。

ここから加速度的に普及が広まっていくのかもしれませんが、
仮想通貨にもまだまだアップデートなどが必要なものもあり、
現時点においては発展途上の段階だと言えます。

つまり仮想通貨の世の中はようやく始まりだしたレベルにあります。

市場規模が小さい

東証一部の時価総額が661兆円、
ニューヨーク証券取引所の時価総額が2050兆円、
NASDAQの時価総額が820兆円と言われていますが、
2017年12月現在、仮想通貨の時価総額は60兆円弱となっています。

仮想通貨は既存の市場と比べてもまだ規模が小さく、
最近上場したビットコイン先物などの普及もこれから順次世界の取引所で広まっていく予定です。
これらのことから成長余地はまだ十分にあると考えられます。

上記2つの理由から仮想通貨市場の今後の成長規模を考察した時、
今その仮想通貨において先頭を走っているビットコインは確実に伸びると思います。

仮想通貨にもいろいろなコインがあったり、
ビットコイン自体も分裂を何度も行ったりしていますが、
なんだかんだいって先物の上場だったり、決済システムの導入だったり、
まず始めに取り入れられるのはビットコインです。

他の仮想通貨の中には今だけ取り上げられて、
将来的に廃れていくものも数多くあると思いますが、
ビットコインに関してはこのまま仮想通貨の代表としてその地位を不動のものにしていくと思います。

よってビットコインは持っとくだけでまだまだ伸びる!!!

仮想通貨投資の魅力

仮想通貨投資の最大の魅力はその圧倒的パフォーマンスです。

世間一般では、
仮想通貨=ビットコインと大多数の人に思われており、
「ビットコインって1年間で20倍になったんだースゲー」なんて言われてますが、
他のアルトコインの伸びに比べたらビットコインの伸びはそれほど高いほうではありません。

時価総額2位のイーサリアムは80倍以上、
他のコインも数十倍~数百倍を軒並み記録しているなど、
仮想通貨は今完全にバブリーな伸びを見せています。

バブリーな伸びを見せていますが、
先述の通り仮想通貨市場はまだまだ規模的には小さく、
時価総額で見れば全然バブルといわれる額ではないと思います。
本当に需要のあるコインであれば、
これからも数倍~数十倍以上に伸びていく余地があります。

株のように「こういう指数を見ればいい!」とかの明確な分析方法があるわけではないので、
株と比べると投資する際の根拠としては少し弱いですが、
先述した通り仮想通貨市場は未成熟の新興市場です。

ここから出ていく資金よりも入ってくる資金の方が圧倒的にデカいんです。

経済や世界情勢に左右されて資金が出たり入ったりしている成熟市場の株とかFXとはまず土俵が違います。
ほっといてもお金が入ってくるというアドバンテージが仮想通貨市場にはあるのです。

そして、
そういった市場の中で価値あるアルトコインを見つければ、
数十倍以上のパフォーマンスが見込めます。

今この時の仮想通貨市場にはそういうポテンシャルを秘めたアルトコインが数多くあるのです。

どうやってアルトコインを見つけるか

アルトコインがビットコイン以上にこれからの伸び代を秘めているというのは、
ある程度伝わったかと思いますが、
それではどうやってそういうものを見つけていけばいいのか?

個人的には、
ひたすらネットで調べて気になったアルトコインの特徴を掴む
ってのが1番の近道だと思います。

色んな方のブログとかツイッターで情報収集をする。
アルトコインの公式サイトでホワイトペーパー(説明書的なもの)を見る。

こういう地道な情報収集を繰り返して、
「このアルトコインは将来的にも需要がありそうだ!」と思うものを見つけるのです。

価値あるアルトコインを見つけるためには、
どういう未来が開けるか?どういう需要がありそうか?
情報収集をしながら、
コインとしての特徴をイメージするのが大切になってきます。

あとはある程度の時価総額がついている中から探してみるとかですかね。

以下のサイトから毎日の仮想通貨時価総額ランキングが見れます。

https://coinmarketcap.com/

トップ10に入ってるアルトコインでもここから10倍以上になるポテンシャルはあると思います。

アルトコイン投資のリスク

爆発的なリターンが期待できるアルトコインですが、
もちろんリスクも相応にあります。

将来的に需要が見込めそうな特徴があっても、
既に似たようなアルトコインがあってそちらにシェアをとられるとか…
技術的に実現不可能な代物で、
結局夢物語に終わってしまうとか…
そもそもの開示されている情報が全くのデタラメだったとか…
etc…

こういうアルトコインだと仮想通貨市場全体が伸びても、
そのコイン自体に資金が入る見込みが薄く、
「まったく伸びない」か「どんどん下がっていく」のどちらかになります。

個人的にはこういうアルトコインを掴まないためにも、
そのアルトコインにどういう企業が関与してるか?
などを見るようにしています。

例えば、
ビットコインに次いで、
今後伸びていくのが堅いと言われている時価総額2位のイーサリアムは『イーサリアム企業連合』といって、
150社以上の企業がイーサリアムの技術をビジネスに活用することを目指して集まっています。

その企業の中には、
JPモルガン、マイクロソフト、インテル、トヨタ、三菱UFJなど、
仮想通貨に詳しくない人でも知ってるレベルの大企業が含まれています。

テンション的には、
これだけの名だたる企業が普及のために力を入れてるんであればくるっしょ!
的なノリです。笑

株に比べれば
根拠としてはだいぶ弱いですが、
中途半端な知識で技術部分を評価したコイン選びをするよりは、
そういう投資をした方が遥かに安全です。

周囲がやりだしてからでは遅い

今皆さんの周りに仮想通貨買ってる人どれだけいます?

職場の人の何割がやってますか?
私の職場ではたぶん2~3割くらいかな。

個人的な肌感覚ですが、
アンテナがだいぶ立ってる人でも仮想通貨投資をやっていない人結構います。

株だったり不動産だったり、
自分の資産形成において、
既に取り組んでいるものがある投資家も案外やっていないものです。

2016年くらいから仮想通貨のセミナーにちょくちょく行ったりしていて、
2017年になってもたまに行ったりしているのですが、
そういうところに参加する人でも仮想通貨投資やっている人全然いないな…という印象です。

つまり…
今参入しても全然間に合う!!!
と私個人としては思っています。

難しいアルトコインとか発掘しなくても、
ビットコイン持ってればまだ上がるし、
その次のイーサリアムでもまだまだ黙って持っとくだけで上がっていく。

仮想通貨投資って正直まだそのレベルだと思います。

早くやりだした奴が、
より多くのリターンを得ることができる市場ですね。

-仮想通貨


  1. たなか より:

    暗号通貨市場が今後受け入れられてくるとすれば、まだまだ市場規模は拡大しそうですよね。

    ビットコインコアは開発者の大多数を占めるblockstream社の思惑としては、マイクロペイメントを諦めて価値の保存に重点を置きデジタルゴールドのようなものを目指している印象を受けるのでそのあたりがどう評価されるのかなという感じがします。

    ttps://www.atpress.ne.jp/news/145487
    >ワイン通販サイト“カーヴ the Select”にて 「ビットコインキャッシュ」決済を開始 ~ 現金価格より10%割引キャンペーンも開催
    >■ビットコイン(BTC)決済の予定について
    当社では、ビットコイン決済の導入の予定はありません。

    ビットコインキャッシュはコミュニティの強さを感じるので決済インフラが広まるスピードも速そうですし、マイクロペイメントにも向いているので元々のビットコインの非中央集権な基軸通貨としてはビットコインコアよりもビットコインキャッシュの方がその役割を継承しているのかなという感じがしています。

    • gekikarakid より:

      >たなかさん
      コメントと貴重な情報ありがとうございます!
      ビットコインキャッシュの決済が国内でもスタートしてるんですね。
      初めて知りました!
      確かにビットコインは価格変動の大きさや手数料の高騰でデジタルゴールドのような立ち位置になるという記事も見受けられますね。
      決済手段として使える通貨ではライトコインも優秀なので、
      ここらへんも注目しています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 東証・名証・福証・札証の全銘柄と取引可能!
    PTS取引、IPO銘柄、外国株も取扱可。

  • スマホアプリ充実!PC並みの豊富な投資情報が見れる。投資スタイルに合わせてカスタマイズも可。

  • 名証、福証、札証の貸借銘柄、信用銘柄の取引ができる!

お金大好きなんで投資やってます!
気が向いた時つぶやいてるお♪