保有銘柄

保有銘柄の想定株価~2017/07/17時点~


保有銘柄の想定株価は皆さんイメージされてますか?

自分が購入した銘柄は、
どこまで株価が伸びそうか。
そしてその根拠は何なのか。

株を購入する時に、
大なり小なり人それぞれシナリオを描いていると思いますが、
その描くシナリオの中に、
想定株価についても、
ある程度の目安をつけていると、
日々の変動する株価に一喜一憂することなく、
冷静な判断ができると思います。

想定株価を出したところで、
相場や企業の状況などはいつどのように変わるか分からないので、
あまり固執しない範囲でイメージしておくのが、
利益確定などの場面でわりかし役立つんじゃないかな~なんて個人的には思ってます。

ここでは試しに、
2017年7月17日時点の私が保有している銘柄で、
どの程度の株価を描いているかをお伝えします。

あくまで現時点の見解なので、
今後考えていることも色々変わってくると思いますが、
一つの見方として、
参考になると幸いです。

1739シード平和

現時点の株価:1400円
想定株価:3カ月以内に1840円以上

最近じわじわと株価が上昇してきているシード平和。
何気に1年近く保有を続けており、
ポートフォリオの中では1番保有歴が長い銘柄になります。

この銘柄に気づいたのは2016年のアメリカ大統領選挙の少し前で、
当時はトランプ大統領の当選にもビクともせずイケイケドンドンで株価が上昇している時でした。
その後、
今期の1Q決算後に大量の売りが発生し、
株価が暴落した時に買いを入れたのですが、
その時の暴落前のPERが約7倍。

私の個人的な見解では、
シード平和の今期決算は恐らく業績予想に対して、
達成できるか、もしくはある程度近いところまでいくのでは?
と期待をしており、
それに合わせて来期の業績予想も四季報の数字くらいは発表されると思っています。

トランプ相場でモノともしなかったPER(7倍)と
四季報の来期の業績予想(EPS/262.9)を掛け合わせた数字が、
7×262.9=1840円

この数字くらいは次の決算発表(2017年8月中旬)~来期1Q決算(2017年11月中旬)の間に到達してくるんじゃないかな、と予想しています。

また私は、
シード平和のPERは7~10倍前後がある程度適正なところかな、
とも考えており、
来期の業績予想についても、
四季報の数字ではなく、
中期計画の目標数字が発表されれば、
1840円以上に株価は上振れると思っていますし、
何より、
そこから先の株価は上場来高値という未知の領域に入ることにより、
上値が軽くなってどこまでも上がってしまうんじゃないか!!
なんて淡い期待も少し抱いています。笑

半分妄想のレベルですが、
シード平和に関してはこんな感じの想定株価を描いています。

6173アクアライン

現時点の株価:1869円
想定株価:2年以内に4413円以上

アクアラインは現時点のPERが14.8倍ですが、
私自身の見解としては、
30倍くらいが適正なのかな?
と考えています。

購入当初は20倍くらいかな~なんて考えていたのですが、
最近の同業他社の指数(アクトコール/PER30倍、シンプロメンテ/PER40倍)を見ていると、
30倍くらいあってもいいのかな、と考えるようになりました。

ただ、
同業他社といっても、
アクトコールは住宅のトラブル緊急駆け付けサービス、
シンプロメンテは店舗のメンテナンスサービスと
個人宅の水回りを専業としているアクアラインとは微妙に違う分野なので、
単純比較するのは早計だと思いますが、
ここらへんは感覚値の範囲でなんとなく想定しています。
(ちなみにアクトコールは水回りのサービスでアクアラインと業務提携を結んでいます。)

で、

そのPERを踏まえ、
先日、譲渡制限付株式報酬の解除条件として、
平成 32 年2月期の売上高5,800 百万円のラインが発表されていましたので、
ある程度その辺の売り上げを目指す想定で株価を算出します。

5800百万円×今期予想の営業利益率8.26%=479百万円(H32の想定営業利益)
479百万円×60%=287百万円(H32の想定純利益)
287百万円÷195万株(譲渡制限の増資分を足した期中平均株式数)=147.1(H32の想定EPS)

30×147.1=4413円

これくらいの株価に2年以内になるんじゃないかな~なんて想定しています。

ついでに言うと、
これはあくまで業績ベースの成長分しか計算しておらず、
アクアラインの魅力である昇格期待、優待期待という業績以外の部分も考慮すると、
もっと早い段階での株価達成か、もしくはこれ以上に上振れる要素も大いにあると妄想を膨らませています。笑

9980マルコ

現時点の株価:498円
想定株価:1年以内に1000円以上

マルコに関しては、
ほぼ優待利回りのみで株価を想定しています。

RIZAPグループとのシナジー効果などによる業績の大幅アップも今後は期待できるでしょうが、
そこらへんの具体的な数値を出すのは今の段階では難しいと私個人は思っています。

今後大幅な上方修正を発表してくる可能性は大いにあると思いますが、
それでもここからの株価を支えるのは、
業績よりも優待による買いなんじゃないかな、と思います。

単純計算で、
今の優待利回りが8%程ですが、
これが3~4%くらいになるまで株価は上昇すると思っているので、
現時点の優待価値(「RIZAPグループ商品2000円相当及びマルコ20%割引券1枚」の年2回)が、
4000円くらいと想定すると…

4000÷4%=1000円

本当単純な見立てですけどね。
ただ魅力的な優待というのは、
それだけで株価に大きな影響を与えます。

何気に保有銘柄の中で1番実現性が高く、
多少相場が崩れても安心して保有できるのは、
現時点ではこのマルコです。

想定はあくまで想定

以上、
現時点で私が保有している銘柄の想定株価を出してみました。

想定株価はあくまで想定株価なので、
冒頭でも述べましたが、
あまり固執せずに、
単なる目安として思い留めておくのがいいかと私は思います。

取らぬ狸の皮算用なんで。

この数字に捉われすぎて、
目先の材料に対して冷静な判断が出来なくなると本末転倒です。

あと、
この想定株価は現時点の相場がこのまま続いたら…
という前提で出してます。

今後近い将来に下落相場が始まるようなことがあれば、
上の数字は一旦白紙になるかな。
と私自身は考えています。

-保有銘柄


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 東証・名証・福証・札証の全銘柄と取引可能!
    PTS取引、IPO銘柄、外国株も取扱可。

  • スマホアプリ充実!PC並みの豊富な投資情報が見れる。投資スタイルに合わせてカスタマイズも可。

  • 名証、福証、札証の貸借銘柄、信用銘柄の取引ができる!

お金大好きなんで投資やってます!
気が向いた時つぶやいてるお♪