投資スタイル

投資におけるメンタル

:2017年7月9日


株式投資において、
投資スタイルと同じくらい重要視されてるのが、
メンタルですね。

結局どれだけ勝率の高い投資法を実践したところで、
それに伴うメンタルがないと
投資の世界で勝ち続けるのは難しいのではないでしょうか。

ネットで見た情報が気になったり…
株価がずっと下がり続けることに不安になったり…
売り煽りに屈したり…

自分が「買いだ!」と思って判断した銘柄でも、
後から見聞きするこれらの要因に左右されて、
トレードをしてしまってる方も結構いるのではないでしょうか。

そうならないためにはどうすれはいいのか?

結論から言ってしまえば、
「自分の判断に自信を持てるようになるまで、勉強しろ。」
しか言えないんですけどね。

ただ、
中には結構な投資知識を持っているのに、
メンタルが弱いためにしょうもないトレードをしている眠れる獅子(?)もいるかと思い、
今回の記事を書かせていただきました。

ここでは株式投資を最低限勉強している方を前提に
投資における私なりのメンタル論をお伝えしようと思います。

最低限っていうのが、
人それぞれの解釈なので漠然としてますが…

とりあえずここでは、
自分の投資スタイルについてきちんと説明できる方を最低限のハードルとします。

自分の根拠に不安を感じたら即売り

株に投資する時は大なり小なり皆さんそれなりに株価が上昇する根拠があって、
投資するものではないでしょうか。

ファンダメンタル分析派の投資家であれば、
「株価に割安性があってここから上昇しそうだ!」とか

テクニカル分析派の投資家であれば、
「トレンドが続いているからまだまだ上昇しそうだ!」とか

もしくはその両方とか、ね。

しっかり分析をしている方であれば、
ある程度自分なりの根拠を持って投資をしていると思いますが、
ネット社会のこのご時世、
自分が投資した銘柄が気になって、
いろんなブログとか掲示板とかを見る投資家も多いのではないでしょうか?

私もブログとか掲示板とかそれなりに観察してるクチです。笑
たまにね。

で、

そういうネットに書かれてある情報とか周囲から見聞きした情報、IRで新たに出た情報で、
自分が投資をしている銘柄に、
何か不安に思うことが出てきたなら、
もうその時点で売ったがいいと私は思います。

ここで誤解のないように言っておきますが、
「不安=株価が下がる懸念」ではないです。

この不安は、
自分が投資を決めた根拠に対する不安です。

「企業の成長性」とか「他社との優位性」に、
魅力を感じて投資しているのであれば、
それらの要因に不安を感じること、
たとえば「売上の鈍化」とか「類似製品の開発」とか、
何か懸念されるものが出てきた場合は即刻売ったがいいです。

そのような不安が出てきても、
その不安を払拭できるような分析が新たに出来るようであれば、
即刻売るような判断はしなくていいと思いますけどね。

ただその根拠に対する不安を解消できない投資家であれば、
即刻売るのを私はすすめます。

他人の投資に乗っかる投資

株式投資に限らずなんですが、
投資とかギャンブルとか金をかけているもので、
自分で判断できていない人はメンタルがメチャクチャです。

一応、この記事は『自分の投資スタイルについてきちんと説明できる方』を前提に書いてますが、
中には「他人の投資に乗っかる投資」を自分の投資スタイルと位置付けている方もいそうなので、
そんな投資スタイルの方へすすめるメンタル論も触れておきます。

他人の投資に乗っかって投資するなら、
自分の考えを持つな

ですね。

よく投資初心者の方で、
著名なブロガーや実力ある投資家と同じ銘柄を購入して、
トレードを真似たりしているのを見かけます。
中には、
筆頭株主に有名な方がいるというだけで、
投資をしている投資家もいるみたいですが…

基本的に
他人をアテにして購入した銘柄なら
売る時も他人をアテにしろ
と私は思います。

勉強もかねて投資を模倣するところから始める投資家もいるみたいですが、
よく見かけるのが、
買いは他人きっかけなのに、
売りは自分の判断でするんですよね、こういう投資家は。
目先の株価の動きとか、ネットニュースとかの情報を自分で勝手に判断して。

それじゃ全く身にもなっていないと思います。
そしてそういう投資家に限って、
最終的に儲けた時は『自分の実力』と思い込む。

自分で考えて、
自分で探した銘柄を、
自分が思うタイミングで売買をしないと投資の実力は磨かれないんじゃないかな?
というのが私の考えです。

そして、
そういう投資を続けていけば、
自ずと自分に自信の持てる投資スタイルを確立した投資家になっていくと思います。

「金は命より重い」精神でいつもいる

「金は命より重い!」

漫画「カイジ」に出てくる利根川の名言ですね。

もうね、
この精神で常日頃いますか?
ってことですよ、皆さん。

この一言でまだ目覚めていない方は、
youtubeで『利根川 名言』と検索してみたがいいですね。

「金は命より重い!」
常日頃この精神でいれば、
今投資を行っている自分のスタイルがその命より重い金をつぎ込むに値するかどうか
自分が一番わかっているのではないでしょうか。

『金は大事だけど命の方がもっと大事だ!』なんて精神でいるから、
結果としてメンタルが揺れてしまうような投資に、
金をつぎ込んでしまっている。

つまり、
それだけ金への執着が軽い
ってことですね。

株式投資で自分の投資スタイルに不安を感じているような方は
もっとお金に対して、
執着を持つところから始めたがいいと思います。

金を軽んじている限り、
投資のレベルは上がらないです。

ちなみに…
私はカイジは読んだことないです。笑
アニメでは見たことあるけど。

総括

メンタルに関しての記事を書いているのに、
こんなことをいうのもなんですが、
正直私自身は投資においてメンタルなんて別にどーでもいいと思ってます。

「金は命より重い」精神でいることは大事だと思いますけどね。

どーでもいいっていうのは、
あくまでトレード中のメンタルですね。

銘柄を購入した後の株価の動きとか他者の声に惑わされないようにするメンタル。

なぜなら、
投資における自分の精神状態が株価に反映されることはないからです。

株価が下がった時に耐えれる精神力とかそんなもん正直まったくいらん!
と思ってます。

大事なのは、
そんなのより投資した自分の判断を信じる心。
つまり「自信」
たまに勘違いしている方がいますが「過信」ではないですよ。
「自信」ね。

自分に奢ることなく、
無駄に謙遜することもなく、
自分の勉強したことに自信をもって投資し、
結果を踏まえ分析を都度都度し、
試行錯誤を繰り返していけば、
まぁそれなりのレベルにはなれると思います。

▼物事に対する考え方や投資で参考になる記事

この動画はヤバイ!【紳竜の研究】

損切りと利確のタイミング

自分なりの銘柄選定法

株式投資に関するおすすめ本

-投資スタイル


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 東証・名証・福証・札証の全銘柄と取引可能!
    PTS取引、IPO銘柄、外国株も取扱可。

  • スマホアプリ充実!PC並みの豊富な投資情報が見れる。投資スタイルに合わせてカスタマイズも可。

  • 名証、福証、札証の貸借銘柄、信用銘柄の取引ができる!

お金大好きなんで投資やってます!
気が向いた時つぶやいてるお♪