投資スタイル

2017年の相場はどうなる!?勝手な展望をタラタラと語ってみました

:2016年12月24日


チャート

この記事の執筆時点で2016年も残り僅か1週間のところまできました。
『せっかくなんで今年の相場を振り返ってみよう!』
と思い立ったのと同時に、
『2017年の相場ってどうなるんだろー?』
なんて思ったりもしてみたので、
一個人投資家の手前勝手な展望でも書いてみようと思います。
よかったら参考にでもしてつかーさい!

円高株安でスタートした2016年の相場

振り返れば2016年は年始から物凄い勢いで円高株安が先行した市場でした。

1月ドカ下げ!
2月ドカ下げ!
3~5月は上がったり下がったりの横ばいでしたが、
6月のEU離脱で日経平均は今年の最安値を記録、ドル円は3年ぶりとなる100円を割ってきました。

この円高株安はどこまでいくんだろ?
なんて当時は思ってたものですが、
その半年後、見事にV字回復しているとはまったく思いませんでした。
つくづく相場ってのは読めないな、と身に染みた1年間でしたね。

身に染みたのに、来年の相場の展望とかこれから語っちゃうんですが…笑

ただ思うのは今年という括りで見れば下落からスタートした年始ですが、流れ的には昨年の6月頃から始まっていたんですよね。
ただの振り返りの結果論になってしまうわけなんですけども。

アメリカ大統領選後の日経平均は確かに上昇していますが、
まだ2016年末の現在、2015年6月に記録した高値を超えるとこまでは来ていません。

2017年は上昇相場?下降相場?その判断材料は…

2017年になり相場がどのようになっていくのか?
その判断材料の目安として、私は2015年6月につけた高値を更新するかどうかが一つのポイントになってくるのでは?
なんて思ったりしています。

現在上昇中の日経平均ですが、
2017年にこの高値を更新してくれば、2012年末から続いてる上昇相場はまだしばらく続くという見方をしてもいいのではないでしょうか。

仮に、2017年にここを更新できるような位置まで株価が伸びてきそうにないのであれば、相場全体が下降相場に切り替わっていると判断します。
つまり、今の上昇は下降相場の中で起こっているちょっとした反発と見る感じです。

相場のサイクルは7~8年周期で回っている。
なんて説をよく聞いたりしますが、
2015年6月以前の日経平均高値は2007年2月に記録されたものでした。
もしかしたら、既に上昇相場は終わっていて、今は下降相場の真っ只中にいるのかもしれません。

毎日の相場チェックは怠らない

ここまで、2017年の相場に関して手前勝手な意見を述べさせていただきましたが、
上記のことは冒頭でも申したように、
あくまで一個人投資家の戯言なので、
自分で言うのもなんですが、あまり参考にしないでください。笑

結局のところ上昇相場になろうが、下降相場になろうが、
株価が上がる銘柄はそこらじゅうに転がっているわけで、
その中でどのように資産を増やしていくか、
もしくはどのように資産を守っていくかが、
一番大事なことなのではないのか、と私は思います。

もちろん、
株式投資をするにあたり、
相場がどのような状態にあるかを見極めることも、
至極大事なことだと思いますので、
相場のチェックは日々継続しようと思います。

これまで通り、
毎日の相場指数を測ったり、
日々のニュースをチェックしたり、
保有している銘柄の管理を怠ってはいけないということですね。

どのような相場になろうが、
相場から退場しないようなトレードを常に心がけていきたいです。

▼相場を測る指数に関しては以下記事を参考にしてください。

相場の強さを測る「新高値レシオ」&暴落のサインを知らせる「ディストリビューションデー」

-投資スタイル


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 東証・名証・福証・札証の全銘柄と取引可能!
    PTS取引、IPO銘柄、外国株も取扱可。

  • スマホアプリ充実!PC並みの豊富な投資情報が見れる。投資スタイルに合わせてカスタマイズも可。

  • 名証、福証、札証の貸借銘柄、信用銘柄の取引ができる!

お金大好きなんで投資やってます!
気が向いた時つぶやいてるお♪