株式投資 注目銘柄

予想大ハズレ!シード平和2018年度1Q決算

:2017年11月10日


今週は前に保有していたシード平和の2018年度1Q決算発表がありました!
偉そうに1Qはコケる!
なんて予想していた私ですが、結果は…

あら!ビックリ!!

今期1Qは、
前年比売上2倍、営業利益5倍、経常利益9倍、純利益5倍の内容でした。

な、なんじゃこりゃ!

もう手放した銘柄ですが、
折角なんで今回の決算の中身でも少し触れておこうと思います。

予想大ハズレのこんな私ですが…。

前期と比べ1Q利益率が大幅改善

前期と今期の1Q決算を比べた時、
どこに大きな差が出てるかといえば、
それはやはり利益ではないでしょうか。

単位:百万円 2016年度1Q 2017年度1Q 2018年度1Q
売上 1,674 1,387 3,062
営業利益 115 32 165
経常利益 100 14 132
純利益 77 18 86

2017年度はファミリーマンションの広告宣伝費用が先行して発生していたため、
非常に薄利となった1Qでしたが、
2018年度はそういう大型の広告宣伝費用の発生がありませんでした。

2016年度が売上高1,674百万円、営業利益115百万円だった数字を見ると、
2017年度の数字が少し過度に悪かったと思います。

過去3年の1Q売上進捗率を見ても、
2016年度16.4%、2017年度9.5%、2018年度14.9%ですので、
今期が急激に伸びたというよりは、
前期が例年に比べ悪すぎたという見方ができるのではないでしょうか。

建設請負受注、戸建分譲が好調

事業別に見ると、
建設請負受注残高が前年同期比で61.5%増加で過去最高、
戸建分譲住宅販売件数が18件(前年同期8件)と、
主力となる事業が大きく伸びてきています。

前期1Q時点では、
成長性に関してはまだ少し不透明さが残るこの事業でしたが、
今期は1Qから明らかに大きく成長してきていることが感じられます。

先述したように、
今期の売上進捗率は14.9%と決して高い数字ではありませんが、
例年通り期末にかけて収益が計上されていくシード平和の事業構造を考えると、
売上高205億円を掲げる今期の予算達成も結構かたいのかな、と思います。

株価はどう動くか

昨年のような1Q決算を懸念して私が手放したように、
直近の株価の動きを見ると、
板に張り付いていた投資家も同様の思いを
シード平和に対して描いていたと思います。

昨年の1Q前はガンガン買いが入っていましたからね。
だから、
その後の下落も凄まじかったのですが…。

今年の1Q直前は、
多くの投資家が買いに対して慎重になっていたのではないでしょうか。

1年近く見てきて、
PERが高くても7倍ちょっとと、今いち買いが集まらない銘柄でしたが、
今回の決算を機に少しは買いが集まるようになるかもしれません。

PER10倍くらいはあっても不思議ではない銘柄だと思うんですけどね。

よろしければシェアお願いします!

-株式投資, 注目銘柄


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

gekikarakid
1986年生まれ。福岡県出身。
都内でサラリーマンやってますが、
低収入でやってられないんで、
投資ブログとかやっちゃってます!
プロフィールを見る>>
  • binance口座開設と取引手順

  • 東証・名証・福証・札証の全銘柄と取引可能!
    PTS取引、IPO銘柄、外国株も取扱可。

  • スマホアプリ充実!PC並みの豊富な投資情報が見れる。投資スタイルに合わせてカスタマイズも可。

  • 名証、福証、札証の貸借銘柄、信用銘柄の取引ができる!