株の雑学 株式投資

株式投資で勝つために必要なものは?

:2017年11月26日


株式投資で勝つために必要なものって何でしょうかね?

才能?頭の良さ?運?

ある程度持って生まれたものがないと無理でしょ。

と思ってる方結構いると思います。

個人的な感覚ですが、
こういうことを考えてる人って、
株式投資をまったく知らない人もしくは負けてる人です。

株式投資で勝ってる人で、
勝つために才能、頭の良さ、運が絶対的に必要と思ってる方はあまりいないのではないでしょうか。

少なくとも私はそう思っています。

今回は株式投資で勝つために、
私が思う必要なものをお伝えできればと思います。

勉強は必要

面倒くさいですが、
株式投資で勝つために勉強は必要です。

ただ勉強すれば、
ほとんどの人が勝てるようになると思います。

何故か?

それは株式投資というものに対して、
ほとんどの人が勉強をしていないから。

勉強をしていないというのは、
まったくしていないというレベルではなく、
勝てるレベルになるまでの勉強をしていないってことです。

では、
勝てるレベルとは、
どれくらいの勉強をすればいいのか?

これは個人的な感覚ですが、
高校時代の半年分くらいの熱量を、
株式投資の勉強に費やせば目に見えて効果が出てくると思います。

高校時代、皆さんそれなりに勉強とかしたんじゃないですか?
あの打ち込んだ3年間の半年分くらいを、
株式投資で再度取り組めばいいんです。

そこに頭の良し悪しとかはあまり必要ないです。
毎回赤点とって毎年追試を受けてたレベルくらいの学力の方でも、
いい線いけると思います。

だって現に高校時代の私がそういう学力だったので。笑

勉強とは何をすれば?

勉強が必要と言いましたが、
では具体的に勉強って何をすればいいのか?

個人的に株の勉強とは、
以下2つのことを身につけることだと思います。

  • 株を知る
  • 勝つ方法を学ぶ

「株とは何か」を知る。
そしてそれを踏まえた上で、
「株で勝つ方法」を学ぶ。

これを高校時代の半年分くらいの熱量をもって取り組み、
身につければ普通に勝てるレベルまでなれると思います。

私は上の2つを身につけるために本を読みました。
具体的にどういう本を読んだかというのは、
こちらの記事をご覧ください。

合わせて読みたい

株式投資に関するおすすめ本

私は本を読んで身につけましたが、
方法は他にも色々あると思います。

身近に勝ってる投資家がいるなら聞いてみるとか、
ネットで調べるとか、
投資家の集まりに行ってみるとか。

ただ自分以外の人間からそういう手法を学ぶのは、
余程の信頼関係や実績ある投資家という確証が得られていないと難しいと思いますので、
私個人としては本を読むことをオススメします。

本であれば、
購入前に口コミなどで一定の評価を知ることができたりしますしね。

経験を積むことも大事

勉強は大事ですが、
実はどれだけ勉強しても、
株式投資で勝率100%、
買う銘柄全部が全部大当たり!
なんてのはまず無理です。

株式投資をやったことがない人からすると、
「100%無理なんてことはないんじゃない?」
と思う方もいるかもしれませんが、、、

これは如何に勉強しようが無理。
そんなのを身につけることは不可能です。

そういうことを身を持って知るためにも、
まずは試行錯誤を繰り返したうえでの経験を積むというのは、
必ず必要になってきます。

上で述べた株式投資の『勝つ方法』というのは、
100%勝つというものではなく、
勝ち負けを繰り返した先に辿り着く
『最終的に勝つ可能性をあげるもの』になります。

投資スタイルというのは人それぞれ異なるものだと私は思うので、
自分にあった”型”を見つけるためにも、
経験を積むことは必要だと思います。

こういうのも期間でいったら大体半年くらいで、
ぼんやり自分の中で”経験が蓄積されている”実感を得られてくると思います。

目標を立てる

株式投資をすることによって何を目指すのか?

目標を立てること。
これは勉強とかに取り組む前に必ず決めましょう。

目標を立てる時は、
より具体性があり大きな目標がいいです。

●歳までに1億円貯める!とか、
●年後に仕事を辞めれるくらいまで資産を築く!とか、
こういう目標を立てて株式投資に取り組んでいる方は多いと思います。

目標を立てたら、
それが実現できるために、
『いつまでにどれくらいのパフォーマンスを発揮できるようになっていないといけないか』
『毎年どれくらいの資産を築いていかないといけないか』
『毎年どれくらいの資金を投入すればいいか』
という逆算的な数字の算出をしていくと、
より明確な道筋が立てられます。

実現可能性のある大きな目標を持つ!

目指すものが明確になっていると、
普段の生活スタイルなどにおいても、
そこにつながるために「どうすればいいか?」という目線で取り組めるようになってくるのではないでしょうか。

自己責任という意識付け

株に限らずですが、
投資は全て自己責任です。

勝っても負けても誰のせいでもありません。
全ては自分で決断したことだという意識付けをすること。

本に書いてある通りの銘柄があるから買った。
凄腕の投資家がすすめるから買った。

どうなろうが、
最終的に判断を下したのは自分であり、
投資に投じているお金は自分のお金です。

他人の意見に耳を傾けたり、
それがきっかけで自分の考えを変えるのも大いに結構。

損失を出したり、儲け損なったり、
投資をしてたらそんなことは日常茶飯事。

そういう自分にとって、
不利益なことが他人きっかけであったりすると、
こういう意識というのは薄くなりがちです。

投資において、
最後に責任を負うのは自分だという意識を常に持ちましょう。

「本気でやる」という気持ち

どこにでもあるような精神論みたいな話になるかもしれませんが、
「本気でやる」という気持ちは本当に大事です。

この「本気でやる」という気持ちが常にあれば、
世の中大抵の事はできますよ。
株式投資で勝つことなんて、
「大抵の事」に入る部類です。

当たり前すぎて、
ピンと来てない人が大半かもしれませんが、
この『本気でやる』という気持ちで、
物事に取り組んでいる人って周囲にいないのではないですか?

投資に限らず、
勉強、仕事、習い事、ダイエット…

四六時中、
これらの成果を向上させるのに、
目標を掲げて、
毎日毎日その達成に向けて、
ずっと取り組み続けてる人っていますか?

飽きたから…
時間がない…
事情が変わった…
自分には合わない…
他にいいのを見つけた…

目標未達のまま途中で辞めてしまった方々。
全部言い訳ですよね。

株式投資で勝ってる投資家というのは、
全体の1割くらいという話をどこかで聞いたことがありますが、
そういう人たちは『本気でやる』という気持ちを常に持ち続けている方だと思います。

つまり、
『本気でやる』という気持ちを持っている人というのは、
世の中でもそれくらいしかいないんですよね。
全体の1割。。。

そして、
残りの9割が戯言を言ってきます。
しかも分かった風な口を聞きながら。

「そんなの無理だよ」
「やめとけ」

9割の複数形(通称クズ)の戯言に惑わされず、
『本気でやる』という気持ちを常にもって取り組むことが、
株式投資で勝つためにもっとも必要なことだと思います。

▼『本気でやる』とはどういうことかが垣間見れますわ。

この動画はヤバイ!【紳竜の研究】

よろしければシェアお願いします!

-株の雑学, 株式投資


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

gekikarakid
1986年生まれ。福岡県出身。
都内でサラリーマンやってますが、
低収入でやってられないんで、
投資ブログとかやっちゃってます!
プロフィールを見る>>
  • binance口座開設と取引手順

  • 東証・名証・福証・札証の全銘柄と取引可能!
    PTS取引、IPO銘柄、外国株も取扱可。

  • スマホアプリ充実!PC並みの豊富な投資情報が見れる。投資スタイルに合わせてカスタマイズも可。

  • 名証、福証、札証の貸借銘柄、信用銘柄の取引ができる!