仮想通貨

DX.Exchange最新情報!トークン上場はいつ?登録方法も解説!

DX.Exchange最新情報!

今仮想通貨界隈で注目を集めている取引所『DX.Exchange』をあなたはご存知ですか?

もともと2018年4月頃『Coins.Exchange』という取引所が、
仮想通貨界隈で話題になってましたが、
それが改名して『DX.Exchange』になり今動き出しています。

こちらはその公式サイト
↓↓

DX.Exchange公式サイト

現時点で分かる取引所のオープン時期やトークン上場日、登録方法、公式SNSなど
最新情報をまとめてみました!

取引所オープン時期は?

「DX.Exchange」のオープン時期は、
もともと2018年7月25日を予定していたのですが延期となりました。

公式ツイッターでもこのように発表されています。

現時点の予定では、
2018年3Q(7月~9月)以降のオープンを目指してるそうです。

延期した理由として、
「セキュリティ部分をより強化した状態でオープンしたい」
という狙いがあるようですね。

ただ私の見解としては、
「セキュリティの強化」よりも、
もっと別の部分でオープンを延期した可能性があると見ています。

それは、
仮想通貨市場の需給です。

コインチェックのハッキング騒動以降、
大きく落ち込んでいる仮想通貨市場は、
2018年7月時点になっても、
相場の先行きにまだまだ不安な部分があります。

今年行われたICOの殆どが取引所上場後、
原資割れを記録するなど、
市場全体の需給バランスが非常に悪い状態が続いていますからね。

恐らく「DX.Exchange」もこのような状況でオープンしても、
ICOで配布したトークンの暴落を招きかねないので、
運営も慎重になっているのだと思います。

どれだけ期待値の高いトークンであっても、
市場全体が落ち込んでる時に上場しては、
トークンの売りが一斉に起こるだけで、
運営にとってもホルダーにとっても何もいいことはありません。

なので、
現時点で2018年3Q以降と明言されてますが、
市場の状況によっては、
オープンの時期がまた変更になるかもしれませんね。

ICOに参加した購入者の方は、
あまり急かすことなく、
気長に待つのがいいでしょう。

どちらにせよ、購入者の方は待つしかないです。

2018.9.28追記

公式のテレグラム内にて、
10月下旬のベータ版テスト終了後、取引所がオープンすることが告知されています。

現時点では10月下旬~11月初旬にオープンする流れになると見ています。

トークンの配布&上場時期はいつ?

DX.Exchangeのトークンは「DXトークン」になります。

ICOで購入された方には、
このDXトークンが配布されますね。

DXトークンの配布時期ですが、
現時点で確認できている情報では「取引所オープンの1週間前」となっています。

ただこれは運営側が発表している配布時期なので、
代理店など仲介者から購入してる方は、
そこからさらにずれ込む可能性があります。

今後取引所オープン日が明確に発表されたあと、
その期日が迫っても配布されない場合は、
購入された代理店や仲介者に確認してみるのがいいでしょう。

あと、
これは私が直接取引所のスタッフに伺って得た情報ですが、
配布されたDXトークンは取引所オープンと同時に上場される予定です。

現在DX.Exchangeではアカウント登録を受け付けているので、
DXトークンを購入されてる方、
オープンと同時に取引を開始したい方は、
公式サイトからアカウント登録を済ませておきましょう。

アカウント登録方法

アカウント登録をする際は、
本人確認のため以下のものが必要になります。

  • 6カ月以内に発行された住所証明できるもの(公共料金の領収書など)
  • 身分証明書(パスポートもしくは運転免許証)
  • 携帯電話

それでは具体的な登録手順を説明します。

まずこちらから公式サイトにアクセスします。

DX.Exchange公式サイト

サイトトップに表示される『Open Account』もしくは右上の『New Member』をクリック。

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

「名前」「苗字」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、
以下のチェック項目にチェックを入れた後、
「Sing Up」をクリック。

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

登録したメールアドレスにメールが届くので、
メール内の「Verify Email」をクリック。

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

国名で「Japan」、
電話番号で最初の「0」を除いた番号を入力します。

(例)090⇒90、080⇒80

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

上の項目を入力すると、
登録した電話番号に「6桁の暗証番号」が届くので、
それをサイト内の画面に入力します。

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

暗証番号入力後は、
「名前」「生年月日」「住所」「電話番号」など、
細かい情報を入力する欄が出てきます。

全てを入力したら、
最後の下2つのチェック項目はチェックを入れずにクリック。

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

続いて職業の入力欄に移ります。
次の項目から当てはまるものを選択しNextをクリック。

「employed(会社員)」
「self-employed(自営業)」
「retired(退職者)」
「unemployed(失業者)」

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

さらに会社名、肩書、業種など細かい入力欄が出てくるので、
それを入力した後クリック。

 DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

続いて、
「年収」「投資資金源」「収入源」を入力。

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

「6カ月以内に発行された住所証明できるもの」と「身分証明書(パスポートもしくは運転免許証)」の裏表データをアップロードします。

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

最後に登録完了画面で「Finish」を押して完了です。

DX.Exchange取引所の謎に迫る!オープン&トークンはいつ?最新情報公開!

 

登録申請が受理されると、
運営から『DX.Exchange 口座開設手続き終了のお知らせ』という以下のメールが来ます。

dx.exchange

私の場合は7月末に申し込んで、
8月中旬に上のメールが来ました。

登録申請が多く行われている場合は、
受理まで2~3週間時間がかかりそうですね。

『DX.Exchange』の特徴

ナスダックのブランド力

『DX.Exchange』の最大の特徴として上げられるのが、
取引所のシステムに「ナスダック」の技術を使用していることです。

DX.Exchangeは、 ナスダックの市場をリードする マッチング技術に基づいて 構築されています。

公式サイト内でも随所にナスダックの技術を使用していることが書かれていますね。

ナスダックは時価総額8.5兆ドル、
世界3位の取引高を誇る証券市場なので、
他の取引所とは圧倒的な差別化に繋がります。

『DX.Exchange』は、
個人投資家による仮想通貨の売買だけでなく、
企業のICOにも利用できる取引所を目指すそうなので、
ナスダックと手を組むことにより、
不法行為などのリスクも軽減できます。

法定通貨と仮想通貨取引間の促進

現在国内の投資家がアルトコインを購入する際は、
一部の主要コインを除き、
殆どの方が海外取引所で購入されてると思います。

大まかにいうと以下の流れ。

  1. 国内取引所で日本円をビットコインに交換
  2. ビットコインを海外取引所に送金
  3. ビットコインでアルトコインを買う。

つまり今の法定通貨からアルトコインの購入は

法定通貨⇒ビットコイン⇒アルトコイン

って流れでしかできませんよね。

『DX.Exchange』はその流れをワンストップで行います。

つまり、

法定通貨⇒アルトコイン

って流れを出来るよう1つの取引所でできるようにします。

取扱い法定通貨の詳細はまだ発表されていませんが、
円、ドル、ユーロなど一通りの通貨は揃うと思われます。

仮想通貨はフェーズ毎に取扱い銘柄が増えるようになっており、
第1フェーズでは以下のコインの取扱いに留まります。

  • BTC
  • BCH
  • LTC
  • XRP
  • ETH
  • DGB
  • XVG
  • DXトークン?

第2フェーズからは20~25の仮想通貨が追加される予定です。

DX.Exchangeでの取扱いコインがどんどん増えてくれば、
わざわざ国内取引所で仮想通貨を買って、
それを海外取引所に送金して購入という手間も解消できることになるでしょう。

ワンストップICOソリューションの提供

『DX.Exchange』は「企業に対するワンストップICOソリューションの提供」も行います。

今現在のICOは世界的な規制作りが行われており、
国家の規制に準拠したICOの実施は結構ハードルの高いものとなっています。

なぜなら、
国家の規制作り以上に、
ICOの普及速度が進んでいってるからですね。

規制が追い付いていないので、
意図していないところで突然不法行為になってしまうリスクも出てきます。

ですが、
『DX.Exchange』は全ての手続きを「完全許認可」で行います。

ナスダック社と手を組むことで、
最高の規制基準に則ることも出来、
今後ICOを行う企業にとっても非常に魅力のある取引所になります。

DX.ExchangeのSNSをフォローしよう!

以上、
色々と謎の多い仮想通貨取引所「DX.Exchange」の紹介でした。

公式情報が全て英語なので、
日本人にとっては少しハードルが高いですが、
地道に調べていくと期待値の高い取引所であることが分かると思います。

公式サイト以外にも、
こちらのテレグラムやツイッター、フェイスブックをフォローしておくと、
より有益な最新情報が手に入るのでフォローをおすすめします。

公式テレグラム(日本語版)

公式テレグラム(英語版)

公式ツイッター

公式フェイスブック

クラウドクレジット
証券口座なんとなくで開設してませんか?
ネット証券を徹底比較!2chで人気の証券会社おすすめランキング!

株式投資をやるなら自分の投資スタイルに合った証券口座を開設しましょう!

今株の口座はネット証券がめちゃくちゃ人気です!

複数開設しておくと投資の幅も広がりますよ!

2chで話題の証券口座を比較してますので、
あなたも自分に合ったネット証券口座を見つけてください!

比較記事を見る