株本で後悔しないおすすめ10冊!解説付きで紹介!

株本で後悔しないおすすめ10冊!解説付きで紹介!

株でもっと勝てるようになりたい。
株についてもっと知識をつけたい。

今ここに訪れたあなたはこのような思いで株の本を探されているのではないでしょうか?

そんなあなたに声を大にして言いたい。

オレが読んだ本で良ければ、
株のおすすめ本教えまっせ!

なんだ、こいつは。偉そうだな。
と思った方、その気持ちは何も間違っていません。

あえて、言おう。全問正解である、と。

ですが、
一個人のブログでおすすめする本ですから、どうしてもそういうご紹介になってしまうんですよね。

しかし、ここで紹介する本は実際に私が全て読んだ本であり、今の私の投資でもめっちゃ活かせてる本なので、実際に本を読んだ後に「まったく得られるものがなかった!」なんてことは絶対ないはずです。

先にお伝えすると、ここでおすすめする本は「株の中長期投資のスキル向上につながる本」になります。

これから株について勉強をしていきたい方や、株の中長期投資のスキルアップを狙いたい方にとっては非常に参考になる本になると思いますが、短期的なトレードなどを身につけたい方にとってはあまり参考にならない本になると思います。

ここまで読んで、ここから先の本が参考になりそうと思った方だけ是非このまま読み進めてください。

時間は有限だからね。

少なくともここまで読んだ方は大なり小なり投資家という一面を持つ方だと思うので、
貴重な自分の時間を投資して得られるものがあるかどうかをきちんと見極めながら読んでくださいね。

そんなこんなで前置きが少し長くなりましたが、これまで実際に私が読んだ株の本の中から「おすすめできる至極の10冊」をご紹介します。

買うならamazonがおすすめでっせ!

スポンサーリンク

株初心者に絶対おすすめしたい本

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版

こちらの本はこれから株を始める株について全く何の知識もない超初心者におすすめしたい本です。

つまり、株式投資をスタートするにあたり一番初めに読んでほしい本ってこと!

既に株式投資を始めてしまってる人でも、自分が初心者と全く変わらないレベルだと自覚してる人にも超おすすめです。

この本では株についての知識の土台となる基礎の部分がたくさん詰まってます。

ちなみに、自分が株初心者かどうか分からない方は次の場面を想像してみてください。

「株って何?」と小学生から聞かれたとき、
あなたは小学生にも分かるように”株”がなんたるかを説明することができますか?

株についてこの説明ができないない人は株初心者だと言い切っていいでしょう!

この本の知識を身につければ、必ず小学生にも株がなんたるかの説明が出来るようになります。

この説明が出来るかどうかが株式投資をする上でどんな意味があるんだ?と思った方には、こう言いたい。

株式投資を行う上でまず大事なのは、
『株の勝ち方』を知る前に『株の知識』を身につけることです。

株の世界は情報戦です。

良い情報は瞬く間に周囲に広がるので、株で勝つためにはその情報が広がる前に自分が早く行動を起こすことが大事になってきます。

早く行動を起こすためには、その情報を見極めるための知識が必要です。

きちんとした株の知識を身につけておくと、様々な情報が飛び交う株式市場の中で情報の見極めができるようになります。

このzaiの本を読んですぐに株で勝てるようになるわけではないですが、株の中長期投資で活路を開いていくため、その土台の知識として身につけるには最適な本になります。

株初心者には是非おすすめしたい本です。

株の中長期投資手法が身につく本

株の公式

こちらの本は株の中長期投資をやる上で一番おすすめしたい本です。

あなたは株で儲かるためには決算書の見方や企業の細かい分析が必要だと思ったりしていませんか?

このイメージは間違いではありませんが、株の中長期投資をやる上で絶対必要かと問われると、必ずしも必要ではないというのが私の意見です。

株の中長期投資をやる上で決算書が見れたり、企業の細かい分析が出来れば、
株式投資で儲かる確率は上がるでしょう。

ですが、
株初心者の段階でいきなりそこを目指せ!
と言われても無理な話
です。

そんな難しいところを目指さなくても、
もっと簡単に儲かる株を見つける方法はあります。

「株の公式」の本ではその儲かる株の見つけ方について、
とてもわかりやすく説明がしてあります。

難しい決算書の知識や企業分析はなくてもすんなり読めるので、
儲かるための株式投資がどういうものか知りたい方には絶対おすすめの本!

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

「株の公式」の本を読んで「儲かるための株式投資」がなんとなく理解できた方はこちらの本を読んでみましょう。

株で1億円儲けた個人投資家DUKEの「新高値ブレイク投資術」です。

あなたが「株の公式」を読んだ後にこの本を読んだらこう思うはず。

「何か同じようなことが書いてある気がするな。」

この本を読んで、まず間違いなくあなたの投資レベルは上がっています。

「株の公式」と「新高値ブレイク投資術」では『儲かるための株式投資』の部分でかなり同じようなことが書かれています。

同じ部分が多いということは、
その投資術は「儲かっている投資家が勝つために実践している本物の株式投資」ということです。

株式投資で勝ってる投資家というのは、
特別なセンスや独自の考え方や視点があって儲けてる、
とあなたは思ってませんか?

これは完全に間違っています。

逆に言うと、儲かる株式投資というのはそうそうパターンは多くありません。

根本にある本質的な部分は殆どの投資家が同じ考えです。

大事なのは、
まずその本質を理解すること。

「株の公式」と「新高値ブレイク投資術」

これらの本をきちんと読み込めば、
あなたにもその本質がなんとなく見えてくるはずです。

オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)

「株の公式」と「新高値ブレイク投資術」の本を読んで、
あなたの中で手ごたえを感じてきたなら、
次のレベルアップのためにこの本がおすすめ。

アメリカを代表する著名な投資家「ウィリアム・オニール」の珠玉の一冊です。

正直に言うとこの本はかなりレベルが高いです。

「株の公式」と「新高値ブレイク投資術」がかなり分かりやすい本なので、
同じテンションでこの本も読むと、
初見はたぶん「なんじゃこりゃ!!」となります。

ですが、
きちんと本の中身を理解しながら何度も何度も読むと、
「儲かるための株式投資」には何が必要なのか、
その答えが見えてくるはずです。

「株の公式」
「新高値ブレイク投資術」
「オニールの成長株発掘法 」

この3冊の本の中身が理解できたら、
あなたは株式投資で儲かる投資術「新高値投資」について、
ほぼマスターしたといえるレベルになっているでしょう。

昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!

created by Rinker
¥1,760 (2020/02/22 16:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

上の3冊の株の本とはまた違った切り口で儲かる投資術を教えてくれるおすすめ本がこちら。

「昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!」

優待株や割安株を中心に買っていた著者が、
そこに東証一部昇格の要素も加えると株価が大きく跳ね上がることを発見し、
その独自の手法をあますところなくこの本は教えてくれます。

株式市場に上場している企業はある日突然東証一部に昇格するのではありません。
事前にちゃんと「東証一部に昇格する」というサインを出しているんですね。

東証一部昇格期待株の儲け方に関しては、
私も別の記事で掘り下げてますが、
こちらの本を買うと、
より具体的な手法が分かるようになっています。

スポンサーリンク

株式投資の相場観を養うためのおすすめ本

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦

ヘッジファンド会社を設立後、世界の38の金持ちの資産を運用して成功し、億万長者になった投資家ジム・クレイマーが書いたおすすめ本。

ハーバード法科大学院卒業後、
ゴールドマンサックスに入社など
輝かしい経歴を持つ彼が投資をやる上で株式相場に何を見ていたか。

その相場感について非常に分かりやすく、
そして株式投資をやる上でかなりタメになることが書いています。

米国株式市場の目線で語られている本ですが、
日本株式市場の相場にもこの本が書いてあることは当てはまります。

経済の流れ、マーケットがどう動いているのか、
そして投資家が見るべき視点はどこなのか。

株式投資を長年やり続けるほど、
この本の深みが分かってきます。

初心者でも上級者でも読めば必ず『気づき』が得られる、
株式投資で勉強になる最高の一冊です。

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

投資のバイブルとして多くの投資家の間ではメジャーとなっている本。

「ピーター・リンチの株で勝つ」

ただ株式投資を全くやっていない方が読むと、
まず理解できない内容です。

この本の中身をきちんと理解したいのであれば、
最低限株の知識を身につけたあとに、
ある程度自分なりに試行錯誤したトレードを繰り返した後に読むのをオススメします。

私自身、この本を初めて読んだ時、
正直書いてあることがチンプンカンプンでしたが、
とりあえず読んだだけで勝手な自己満足に浸ってました。

『読み』はしたけど『理解』はしていなかったんですね。

それから半年ほど、
自分なりの株式投資を試行錯誤したりした後に、
改めて読み直すと、

「あ、この本はヤヴァイな!!!」

と気づきます。

下手な参考書を何冊も購入するより、
この本を何回も読んで理解をどんどん深めていく方が、
株式投資においては遥かにプラスになるでしょう。

株式投資に役立つおすすめ本

新装版世界一やさしい会計の本です

created by Rinker
¥1,430 (2020/02/22 22:10:53時点 Amazon調べ-詳細)

株式投資をやる上で、
企業の決算書が分析できるようになるとかなり儲かる確率は上がります。

ですが、
決算書を見れるようになるにはそれなりの知識が必要になるのも事実。

そこでおすすめしたいのが「新装版世界一やさしい会計の本です」。

企業の決算書に書いてある数字のあれこれ。

初見だとそれらの数字が何を意味しているのか、
決算書ってさっぱりわかりませんよね。

ですが、
決算書と言うのは企業によって多少の違いはあれど、
書いてある数字でその企業の実態が測れるようになっています。

この決算は将来的に期待できるものなのか、
それともまずい方向にいってるのか、
この本を読むと決算書から見える企業の実態というのが見えるようになってきます。

財務3表一体理解法

こちらの本では、
架空の企業の決算書に基づいてシミュレーションができるようになっており、
企業のお金が動いた際、
決算書にどう反映されるのか、
その流れが具体的に分かるようになっています。

決算書がある程度見れるようになると、
目先の株価や業績に躍らされることなく、
真の企業価値というのを自分なりに見極めることができ、
買うべきポイント、手放すべきポイントが、
もっと幅広く見れるようになります。

つまり、
物事の本質が見れるようになる!

中身的は初心者向けの会計の入門書という感じなので、
現役の会計士とバリバリ張り合えるほどの知識が身に付くものではないですが、
投資における企業分析に関しては十分な知識が身に付きます。

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

会計の知識を身につけたら、
こちらの本を読んでみることをおすすめします。

多くのファンダメンタル投資家に読まれている、
その名も「ファンダメンタル投資の教科書」。

教科書というタイトルだけあって、
ファンダメンタル投資に役立つ知識がこの一冊にまるっと詰まっています。

会社四季報の見方、
銘柄選定にあたっての決算書の使い方、
PERやPBRなどの指数で注意しないといけないところ、
大敗しないための株の買い方売り方…
などなど。

正直会計の知識を身につけずとも、
読みやすいように優しく解説されている本ですが、
会計の知識を身につけた状態で読むと、
より深い部分まで理解ができます。

この本の中身が理解できるようになれば、
ファンダメンタル投資家としての基礎知識はほぼ身につけたと言えるでしょう。

以上、私が読んだ中でおすすめしたい株式投資のおすすめ本10冊でした。

今回の記事では株の初心者から中級者を中心とした株式投資の本を紹介しました。

株式投資である程度実力がついてくると株価が下がった時でも儲けられる上級者向けの空売り投資にチャレンジしたくなってくる方も大勢います。

株の空売りが学べるおすすめ本についてはこちらの記事で紹介してますので、
更なる高みを目指したい方はぜひご覧ください!

もっと株のチャートについて勉強がしたいという方にはこちらがおすすめ!

株式投資やるならSBI証券がおすすめ!

SBI証券の魅力は圧倒的なIPO実績とネット証券最大と言っていい取扱い市場の多さ!
一般的には空売りができない銘柄でも空売り可能な「HYPER空売り」も人気が高く、ネット証券では1番シェアが多い証券会社です。
SBI証券口座を開設する
株式投資の本
最新情報をチェックしよう!