仮想通貨

ICOとは何か?仮想通貨を使った資金調達


ICOって皆さんご存知ですか?

ICOとは『仮想通貨を使った資金調達』
似たような言葉で、
株の世界ではIPOという『株を発行した資金調達』がありますが、
どちらも企業が資金を調達する仕組みを言います。

2017年になって仮想通貨が注目を浴び始め、
このICOに関してもにわかに脚光が集まり始めているので、
少し取り上げてみようと思います。

ICOとIPOの違い

企業側の視点で見て、
ICOとIPOの違いを比べてみます。

IPOは『新株を発行して出資してもらう』という仕組みで投資家から資金を集めます。
ただ新株を発行するにはそもそもの前提として証券市場に新規上場しないといけません。
証券市場に新規上場するには審査も必要ですし、
企業にとってもそれなりのコストと時間がかかります。
事業計画書や直近の決算書なども開示しないといけません。
IPOが出来る会社というのはある程度の信用力がないと出来ないんです。

かたやICOはどうなのか。

ICOは『トークンと呼ばれるデジタル通貨(企業独自の仮想通貨)を発行し購入してもらう』という仕組みで投資家から資金を集めます。
この「トークン」を発行するのに特別な審査は必要ありません。
支払いは仮想通貨のためインターネット上で払い込みをすれば即時完結します。
投資家の信任を得るために「ホワイトペーパー」と呼ばれるプロジェクトの魅力を伝える目論見書みたいなものは発行されますが、
具体的な業績の提示などが必要なわけではありません。
信用力のない企業も簡便に資金調達が済ませられるんですね。

IPOと比べICOの魅力を企業視点から簡潔に述べるなら、
取引所を介さず、多くの投資家に対して資金調達が簡単に素早く行える
というのが最大の魅力になります。

実際ICOで行われた破格な例として、
2017年6月にICOを実施したブラウザ開発会社「Brave」は募集からわずか30秒で3,500万ドル相当のトークン販売に成功しました。
企業側から見るとICOで調達した資金は株のように配当や優待を出す必要もなく、
大量に出資した投資家に大株主のように経営に関与されることもありません。
IPOよりも少ないコストで、早くこれだけの資金を集められるという最たる例となりました。
ちなみにこの時のトークンを購入した投資家は130人足らずで全体資金の半分がたった5人によるものという『ICOの一般化』という点では課題が残るものでした。

まだまだ個人投資家に浸透するには時間がかかりそうです。

投資家から見たメリット

ICO最大のメリットは圧倒的なキャピタルゲインが得られることです。

ICOは先述したように、
取引所を介さず世界中の個人からも企業からも投資資金を募ることが出来、トークンが発行できる技術のある企業であればどこでも出来ます。
そして事業が大成功しハマれば発行したトークンがとんでもない価格になる場合もあります。

成功した事例の1つに、
2014年にICOによって誕生した仮想通貨イーサリアムがあります。
イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額2位を誇る仮想通貨で当時の値段は1ETH(イーサリアムの単位)26円でした。
約3年たった2017年12月、イーサリアムは今や世界中の仮想通貨取引所で取り扱われており約50,000円の価格がついています。
わずか3年で2,000倍弱。
株でそんなキャピタルゲインを記録することあります?笑

もっと身近な例を上げると、
2017年11月に日本の仮想通貨取引所コインエクスチェンジを運営しているQUOINEが発行したトークン「QASH」は1カ月で約3倍弱くらいの価格をマーク。
2017年12月4日には同じく国内の仮想通貨取引所ザイフを運営しているテックビューロが発行したトークン「CMS」が公募価格の約17倍にあたる初値を記録しました。

国内のICOでもこういう値動きが起こってるんですね。

もちろんデメリットも

ICOの魅力的な部分をお伝えしてきましたが、
もちろんデメリットもあります。

一番最悪なのは、
投資した資金がまるまるなくなること。

取引所を介さず資金を調達するので、
企業の信用力や事業内容など投資家自身で判断をしないといけません。

また日本ではICOの規制がまだ検討されている段階で投資家を保護するための法律もなく詐欺にあう可能性もあります。

アメリカや中国、韓国では既にICOに対して規制がされており、
今後日本においても規制が行われる可能性は大いにあります。

ICOに参加するためには

ICOにどのようにすれば参加できるのかは色々な手段がありますが、
まずはICO情報メディアなどから情報収集をして知識をつけることを優先したがいいです。
大前提として仮想通貨取引所の口座を開設し仮想通貨を購入できる環境を整えておくのも大切ですね。

ICO情報メディア

仮想通貨取引所

ICOはハイリスクハイリターンの投資ということを常々お忘れなく。

-仮想通貨


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • 東証・名証・福証・札証の全銘柄と取引可能!
    PTS取引、IPO銘柄、外国株も取扱可。

  • スマホアプリ充実!PC並みの豊富な投資情報が見れる。投資スタイルに合わせてカスタマイズも可。

  • 名証、福証、札証の貸借銘柄、信用銘柄の取引ができる!

お金大好きなんで投資やってます!
気が向いた時つぶやいてるお♪