仮想通貨

本気で仮想通貨投資をするなら海外取引所は開設すべき!

日に日に仮想通貨市場が盛り上がりを見せてきています。

皆さんの周りでもぼちぼち「ビットコイン買ってみましたー。」的な人がちらほら出てきてる頃ではないでしょうか?

普段から投資をやってる人なら感覚的に分かるでしょうが、
大体自分の周囲で投資とかをやっていない人がこういうブームにのっかってくると、
ぼちぼち相場的には天井が近いです。笑

が、
現時点の仮想通貨に関しては、
ちょっとまだその見識が通じないかもしれませんね。

そんな思いを抱いてしまうくらい、
現時点の仮想通貨というものは他の金融商品と比べ、
一線を画していると思います。

ただ今から仮想通貨の王様といわれるビットコインを買っても、
2017年に記録した1年で20倍以上の伸びはもう見込めないとは思いますけど。

ですが、
仮想通貨はビットコインだけではありません。
このビットコイン以上のリターンを稼ぎ出したい野心丸出しの投資家には、
アルトコイン投資をオススメします。

で、
本格的にアルトコイン投資をするなら、
国内取引所だけでなく海外取引所も開設することもオススメします!

海外取引所をオススメする理由

現在日本国内にある仮想通貨取引所は約14社。(2017年12月時点)
その内訳は以下のようになっています。

合わせて読みたい

国内仮想通貨取引所の比較

この中で一番仮想通貨の取扱い種類が多いのがコインチェックですが、
その数は2017年12月時点で13種類。

もちろんこれは世の中にある仮想通貨の全てではありません。
現時点でどのくらいの仮想通貨があるか皆さんご存知ですか?

100?200?

ノーノー。
そんなものではありません。

時価総額ランキングサイトに掲載してあるだけでも、
現時点でおよそ・・・

1300のアルトコインがあります。

Hunter×Hunterで暗黒大陸が出てきたとき並みの衝撃!笑

日本がどれだけ仮想通貨の参入において、
遅れているかなんとなく分かります?

本格的なアルトコイン投資をしたいなら、
最早国内の取扱い通貨だけでちまちまやっていてもしょうがないんですよ。

ここから数百倍とか数千倍の利益を狙うアルトコイン投資をするなら、
仮想通貨の取扱いが圧倒的に多い海外取引所を開設すべきです。

海外取引所開設に必要なもの

海外取引所ですが、
日本の取引所と違って何か特別なものを用意しないといけないわけではありません。

基本的には個人情報の入力と身分証明書データの提出ですぐに口座は開設できます。

取引所によっては身分証明書データはパスポートのみしか受け付けていないところもありますので、
パスポートを発行していない方は発行する必要があります。

まーわざわざ海外取引所を開設しようとしてる方は、
仮想通貨で一攫千金を狙っている投資家が殆どだと思うので、
パスポートくらいさっさと作っておいたがいいと思います。

金持ちになったら海外旅行とかいっちゃうでしょ?

もうこの機会にぱぱーーっと作っちゃっていいんじゃないすか?笑

ちなみに海外の取引所なので、
当たり前っちゃ当たり前ですが、
大体が英語になります。

日本語対応してるとこも一部ありますけどね。

海外取引所を開設するには、
分からない英単語をgoogle翻訳にかけながら進めるとか、
口座開設を紹介しているブログを参考にしながら開設するとか、
色々と工夫しながら取り組むといいと思います!

口座開設に必要なものをまとめると、
以下の感じですね。

  • 個人情報
  • 身分証明書(できればパスポート)
  • 英語力(なければ翻訳ツールを使うくらいの根気)
  • 行動力(分からないことはネットで調べる)
  • 勇気(未体験ゾーンにはつきもの)

海外取引所のリスク

海外取引所ならではのリスクも当然あります。

海外取引所は日本の国内取引所に比べ、
ハッカーなどに狙われやすいです。

海外でビットコインが〇億円分盗まれたとかちょいちょい聞きますよね。
こういう被害に国内の取引所が合わないのは、
先述した通り仮想通貨において日本の参入が遅れているのが少し幸いしてるのかもしれません。笑

また海外の取引所は国の規制などにより、
突然取引中止や閉鎖になる可能性もあります。

特に中国では2017年になって閉鎖に追い込まれた取引所がいくつかありました。
ほとんど閉鎖されたんだったかな?今は動いてる取引所もありますが。
まー日本の取引所でも可能性がない話ではありませんが、
海外の取引所は現地の情報なども分かりにくいので、
特に注意が必要です。
取引所では通貨の購入だけして、
購入したら自分のウォレットに送金するとかの知識が少し必要になってきます。

ウォレットってのは仮想通貨のお財布のことですね。
ここらへんはまた時間がある時にでも…。

他にもサポート対応は英語が必須など、
海外取引所はそれなりにハードルが高いです。

海外取引所のアルトコイン購入方法

海外取引所でどのようにして、
アルトコインを購入するか?

基本的に海外取引所では、
以下2つの方法で取引をします。

  • 現地のお金⇔仮想通貨
  • ビットコイン⇔アルトコイン

現地のお金なんてわざわざ持ってられないので、
大体は国内の仮想通貨取引所で購入したビットコインを、
海外の取引所に送金し、
そのビットコインとアルトコインを交換して購入するのが一般的です。

国境を超えて、
自分のお金が数分~数十分で送金されるんですよ。

いやー仮想通貨は本当すごかねー。

私が開設している海外取引所

最後にですが、
私が開設している海外取引所でもお伝えしておこうと思います。

Bittrexはアメリカ、
BINANCEは中国、
CRYPTOPIAはニュージーランド
の取引所になります。

BINANCEは仮想通貨に対して扱いが厳しい中国なので、
ここはちょっと注意したがいいと思います。

いつ「アイヤー!!」となるかわかりませんね。

そんな可能性があるのに、
「なんで開設してんねん。」って問われると、
それはやっぱりここでしか入手できないコインもあったりするので、
いざという時のために開設してます。

数少ないチャンスをものにするためにも、
常に準備は怠らないようにしておくのが投資の基本ですな。

クラウドクレジット
証券口座なんとなくで開設してませんか?
ネット証券を徹底比較!2chで人気の証券会社おすすめランキング!

株式投資をやるなら自分の投資スタイルに合った証券口座を開設しましょう!

今株の口座はネット証券がめちゃくちゃ人気です!

複数開設しておくと投資の幅も広がりますよ!

2chで話題の証券口座を比較してますので、
あなたも自分に合ったネット証券口座を見つけてください!

比較記事を見る