日本毛織【3201】今の株価は買い?注目銘柄を徹底分析!

ウール

ウールの総合メーカーとして創業100年以上の実績をもつニッケグループ。繊維製品としてのイメージが強い企業ですが、実は不動産事業、商業事業なども幅広く手がけています。中長期ビジョンでは6期連続増収増益を達成したりと着実に成長している東証一部企業です。

スポンサーリンク

中期目標は2019年11月期で売上高1200円億以上、営業利益90億円以上

中期目標で売上高1,200億円以上、営業利益90億円以上を掲げるニッケグループ。2016年度はその目標に向けて先行投資を行うなど準備に取り組む年として減益予想となっています。ただ2017~2019年の3年間も設備投資、M&A・研究開発投資など約260億円を投入する計画を発表。不動産事業、ユニフォーム、ショッピングセンターなどの安定収益を基盤としながら、成長事業への重点投資を行っていくようです。

前中期計画も達成しているのは好印象

上場企業の多くが日々継続的な成長を目指し、様々なビジョンを描いた中期計画を発表しているのですが、その全てが達成できているわけではありません。経済の状況だったり、市場(ニーズ)の変動だったり、元々の計画性が曖昧だったりして達成できなかった企業もあるわけですが、ニッケは毎年右肩上がりに業績を伸ばし、過去の中期計画も達成しているという実績が株主から見ると非常に好印象ではあります。今期は減益の予想発表となっていますが、その部分についても更なる成長を目指すうえでの投資という発表もされているので、中期の目指す数字がより現実的に捉えることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

購入するタイミング

そんな好印象のニッケですが、現状の株価から価値を鑑みると成長期待は大いにあるものの、割安性はいまいち。正確には割高でもなく割安でもないという印象ですね。中期の目標などから計算するとここから1.5~2倍くらいは将来的に伸びる魅力はありそうですが、今急いで購入しておこうという銘柄でもないかな、と個人的には感じております。もう少し下がってきたところで検討してみたい銘柄です。

 

株初心者必見のおすすめ本10選+最速で読むための速読本紹介!

私が実際に読んだ本の中から選りすぐりの10冊+爆速で身につく速読本を紹介します!
株式投資の本で良書を探されてる方はぜひ参考にしてください。
さらに詳しく
ウール
最新情報をチェックしよう!