フィッシング詐欺の事例!被害急増の偽者サイトや迷惑メールまとめ!

 フィッシング詐欺の事例!被害急増の偽者サイトや迷惑メールまとめ!

ここ最近ネット上ではフィッシング詐欺が多発していますが、
あなたは大丈夫ですか?

フィッシング詐欺とは本物そっくりに作られた偽物のサイトに誘導して個人情報を盗み出したり、偽物の迷惑メールを送って金銭の振り込みを要求したりする悪質な詐欺です。

誰もが知ってる有名企業の名前を利用して接触してくるので、
何の疑いも持たず騙される被害が急増しています。

どういう事例があるのか、
具体的な被害を知っておくと対策も立てやすく、
また予防にもなるので、
今回はそのフィッシング詐欺に関する事例をまとめてみました!

スポンサーリンク

佐川急便のショートメールを使ったフィッシング詐欺

佐川急便のショートメールを使ったフィッシング詐欺

ここ最近被害急増していたのが佐川急便のショートメールを使ったフィッシング詐欺です。

「不在通知」という嘘のショートメールをターゲットのスマートフォンに送り、偽物のサイトに誘導。

そして悪質なアプリをスマートフォンにダウンロードさせて、
端末を乗っ取るという超卑劣な手口です。

乗っ取られたスマートフォンは不特定多数の人にショートメールを飛ばしたり、
勝手にネット上で買い物をし始めたりと、
超迷惑な暴走を始めます。

そもそも佐川急便はショートメールの配信を行っていないので、
今後そのようなショートメールを受信したら、
絶対にURLをクリックしたりせず即刻削除しましょう。

万一クリックしてしまった時はこちらの記事に書いてある対処法を行ってください。

Googleを語るギフト当選のフィッシング詐欺

googleを語る詐欺

インターネットを利用してる方ならおなじみのGoogle先生。

インターネットの検索でお世話になってるネットユーザー多いですよね。

私も毎度お世話になってます。

最早今のインターネットでは切っても切れないくらいの領域に来たgoogle社ですが、
なんとこの天下のGoogle社を使って行われているフィッシング詐欺もあります。

しかもその手口がかなり悪質で、
いきなり「ギフトに当選しました」的なお知らせを送ってきてからの偽物サイトに誘導!
そして個人情報を搾取!というかなり下衆なことをしています。

年に数回、
短期集中でその詐欺は行われているらしく、
世間の警戒が薄くなってきたころに、
いきなりやってきます。

具体的な手口や万一被害に合った時の対策はこちらの記事をチェック!

スポンサーリンク

Amazonのメールもフィッシング詐欺に利用されている

amazon

あのショッピングサイトAmazonを名乗るフィッシング詐欺もあります。

手口は佐川急便と同じくメールで送られてくるパターンです。

ただAmazonの場合、佐川急便のようにショートメール配信を一切行っていないわけではないので、メールが来たからといって一概に詐欺と決めつけるわけにもいきません。

見極め方としては、クリック先のサイトが本物の場合は
「http://××.amazon.co.jp」または「https://××.amazon.co.jp」で始まらないWebサイトになっています。

それ以外のURLへのクリックを誘発するメールや、よくわからない電話番号への発信を促すメールだったらほぼフィッシング詐欺と断定していいでしょう。

具体的にどのようなメールが配信されているかはこちらの記事でまとめてます。

まとめ

今回ここで紹介した「佐川急便」「Google」「Amazon」を語るフィッシング詐欺は今に始まったものではなく、数年前から被害が発生しており、毎年巧妙に手口が変えられています。

今回ここで紹介した事例以外にも、
有名企業を語るフィッシング詐欺は多発しているので、
身に覚えのないメールなどは普段から安易にURLをクリックしたりしないようにしましょう!

株初心者必見のおすすめ本10選+最速で読むための速読本紹介!

私が実際に読んだ本の中から選りすぐりの10冊+爆速で身につく速読本を紹介します!
株式投資の本で良書を探されてる方はぜひ参考にしてください。
さらに詳しく
フィッシング詐欺の事例!被害急増の偽者サイトや迷惑メールまとめ!
最新情報をチェックしよう!